サムの備忘録

趣味ネタ、時々社会的なテーマ。IT関連のテーマはもう1つのブログに投稿してます。

アリの運搬能力

どのようにアリは自分の体よりも大きいものを運んでいるのか。

この問題のカギは、集団の進行方向がどのように決定されるかだ。

 

記事では複数の仮説が挙げられていたが、一応の見解は、

「後から加わって来たアリが獲物を巣の方に引っ張るので、

それに合わせて他のアリが進行方向を変更する」ということらしい。

 

gigazine.net

防衛省の軍事研究公募

やたらと否定的な意見が多い軍事研究公募。

 

金を出す側からの干渉を避けられないのは、

別に軍事に限ったことではないのではないか。

 

こんな形でしか予算がつかない研究だってあるだろうし、

将来的に恩恵をもたらす可能性のある技術を、

印象論だけで潰すのも勿体ないと思うのだが。

 

そもそも、軍事研究というだけで、

ネガティブな印象を持つのも偏った考えではないのか。

中国ビールの再編

中国ビールメーカーが、業績低迷を受けて、

大規模な再編に動き出しつつあるようだ。

 

華潤と青島の2TOPを軸にM&Aが行われるとのことだが、

海外ビール市場の今後の動向には注目だ。

『劇場』が初版30万部

又吉直樹の新作『劇場』が初版30万部も刷るようだ。

なんかスケールのデカい話だなぁ。

 

これだけ刷れるってことは、期待値がめちゃくちゃ高くて、

取次が大量に取ってくれるってことなんだろうな。

ドキシング活動の問題点

特定の思想を持つ相手の個人情報をネットに晒す、

ドキシングと呼ばれる活動についての記事を読んだ。

 

記事では、ネオナチやKKKなどの過激派をターゲットとする、

ダリル・ラモント・ジェンキンスという人物が例に挙がっていた。

 

wired.jp

記事では長々と説明や考察が続いていたが、

結局のところ、正義を振りかざせば何でも許されると勘違いしているだけである。

「ドキシングが嫌なら、差別主義者を抑え込んでおく別の新しい方法を

ぜひ探してください」という彼自身の発言も、ただの言い逃れだとしか思えない。

 

記事のような事例は、日本国内でもネット上を中心によく見かける。

共通しているのは、自身の正義に心酔している点だ。

 

彼らのように、自身の正義に心酔する人間は、自身の内面を疑わない。

内面を疑わないのだから、当然、自身の行動にも疑いの目を向けられない。

 

このような疑いの欠如が、悪事さえも正当な行為と錯覚させ、

恐るべき確信犯をこの世に生み落としてしまうのだ。

 

戦地に赴いた十字軍の兵士が、敵地で平然と罪深い行為をとることと、

まったくもって心理状況は同様だということなのである。

 

また、彼らのような人物は、疑いを捨てると同時に、

一切の責任さえ放棄している場合が多いのではないだろうか。

 

何故かと言えば、責任は自省を促すものであり、

自省に疑いの視点は不可欠なものだからである。

 

責任というものを意識すれば、自ずとリスクの存在も意識せざるを得ない。

また、リスクを意識することと、自身を疑うことは不可分だ。

これが意味するのは、疑うことなくして責任は持てないということなのだ。

 

であるからして、疑いと責任とは同時に放棄されるのである。

正しいことをしているのだから、責任を取ることまで考えない。

そのような態度を示してしまっているのである。

 

無論、差別主義者の言動は言語道断だ。

しかし、たとえ目の前にいるのが悪人だったとしても、

破廉恥な行為が許される理由とならないことを、忘れてはならないのだ。

マラソンは腎臓に悪い?

American Journal of Kidney Diseasesに発表された研究によれば、

マラソンを完走したランナーの約8割は、

心臓手術を受けたばかりの患者と同程度まで腎機能が低下するらしい。

 

上記の結果をもたらす主な原因は、脱水症状と筋肉組織の破壊。

この2つによって血中のタンパク質が増加し、

腎臓がオーバーワーク状態に陥りやすくなるということのようだ。

 

あくまでも一時的な反応でしかないので、過度に心配する必要はなさそうだが、

運動する際には水分補給と適度な休憩は心がけておきたい。

A Movie Poster A Day

A Movie Poster A Dayは、

ポップカルチャーミニマリズムを融合させたデザインで、

映画のポスターを再作成したらどうなるのか?というプロジェクトだ。

 

下記のtumblrで作品は公開されている。

amovieposteraday.tumblr.com

個人的には、Shiningのポスターが想像の斜め上を行ってて好きだった。

 

オリジナルバージョン

f:id:samsoda:20170407204402j:plain

Pete Majarichバージョン

f:id:samsoda:20170407204521j:plain