読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サムの備忘録

趣味ネタ、時々社会的なテーマ。IT関連のテーマはもう1つのブログに投稿してます。

サイバネティックシンセ

皮膚細胞でつくったニューラルネットワークによって制御を行う、 cellFというサイバネティックシンセサイザーが開発された。 gigazine.net開発者であるGuy Ben-Ary氏は、自らの腕から採取した皮膚細胞を、 iPS細胞技術を用いて幹細胞へと変換し、神経幹細胞…

抗生物質と成長

複数の研究によって、子供の出生前後は抗生物質を 投与すべきでないという可能性が示された。 wired.jp 「Nature Communications」に掲載された論文では、 低用量のペニシリンを出生前後のマウスに投与し、 体内に存在する微生物を排除してしまうと、 血液脳…

アミューズの食への参入

芸能事務所のアミューズが食品業界に参入する。 www.nikkei.com まずは高級オリーブオイルの販売からスタートし、 酒類や調味料などの販売も計画しているとのこと。 高級品に絞っての展開となるようだが、果たして成功するのだろうか。

意識低い系マーケティング

製品ライフサイクルでいかにキャズムを越えるかという記事。 trendy.nikkeibp.co.jp 特に目新しい情報が載っているわけではないけど、 きゃりーぱみゅぱみゅを例にしていた点が面白かったので紹介。 ラガードのコメントがなかなか辛辣だ。

ガン死亡数の県内格差

日経新聞社の調査で、同じ都道府県内でも市町村間で ガン死亡数に格差が存在していることが分かったようだ。 また、医療費の多い自治体であるからといって ガン死亡率が低いわけでもないということも、 データからは見て取れる。 詳細なデータは以下から確認…

オオヨロイトカゲ

サンゲイザーとも呼ばれるオオヨロイトカゲが絶滅に瀕している。 個体数減少の原因は、密猟と土地開発にあるようだ。 natgeo.nikkeibp.co.jp 爬虫類マニア間での闇取引や媚薬生産のために 多くのオオヨロイトカゲが捕獲されている状況であり、 政府に虚偽申…

宇宙人の文字

Art

映画「メッセージ」の制作スタッフが、 いかにエイリアンの文字を作成したかを語っている。 wired.jp 登場するエイリアンはヘプタポッドという名前で、 インクで描いたような円形の文字を使っている。 観客に文字だとは思わせない用意することが、 プロダク…

不正乗車問題

みなとみらい線で不正乗車が相次いでいるとのこと。 nlab.itmedia.co.jp 横浜方面に向かう際に、あえて逆方向の車両に乗るというものらしい。 そもそも無駄に移動時間を増やしてまで座る必要性があるのかが疑問だ。

アルバニーアダー

絶滅したものと思われていた「アルバニーアダー」が、 10年ぶりに南アフリカで発見されたという記事。 natgeo.nikkeibp.co.jp 1937年以降でわずか12個体しか記録されていないらしいので、 ほとんど絶滅に近い状態にあるものと思われる。 また、生態や毒の強…

ダークマターの可視化

ウォータールー大学がダークマターの可視化に成功したようだ。 wired.jp 今回は、弱い重力レンズの影響を調べることによって、 コールドダークマターを可視化できるようにしたようだ。 下の画像のように、銀河の姿を図式化できるとのこと。 ダークマターがフ…

ワーキングメモリーの向上

加齢とともに低下するワーキングメモリーだが、 電気的な刺激を与えることで改善するのだという。 wired.jp 各脳領域の脳波は異なる周波数をもっているが、 この脳波が異なる脳領域間で同期した場合に、 記憶能力等のパフォーマンスは向上すると言われている…

バナナラッシュの代償

中国資本によってラオスでのバナナ生産が活発になっている。 このブームによって現地の方々は経済的に潤っているようだが、 同時にもたらされた弊害について下記の記事で紹介されていた。 jp.reuters.com 記事内で扱われていた問題は主に農薬による環境汚染…

テキーラの効果

テキーラを飲むことで骨の形成が促進される可能性があるようだ。 gigazine.net CINVESTAVの研究結果によれば、 テキーラの原料に含まれるフルクタンを摂取したマウスは、 オステオカルシンの分泌量が増え、骨が太くなっていたとのこと。 これは腸内のバクテ…

世界初の濃縮日本酒

ゼオライト膜を用いてアルコール度数を30度まで高めた 「凝縮H」という日本酒が3月から販売されている。 business.nikkeibp.co.jp 水とアルコール分子の大きさの差を利用して、 ゼオライト膜で水分だけを取り除く製法で、 この酒は製造されている。 記事にあ…

骨を作る仕組み

京大の研究によって、骨がつくられる仕組みが解明された。 www.nikkei.com BBF2H7というタンパク質によって、骨などの形成に必要な物質は 細胞外へ移動していることが、今回わかったようだ。 研究が進めば、骨に関係する先天的な異常の治療に役立つと思われ…

平均寿命の地域格差

平均寿命にも地域格差があるという記事。 gigazine.net 経済格差が健康に与える影響は当然存在すると思うので、 平均寿命の格差という形で表れても不自然ではないと思う。 ただ、この記事で公開されていたデータからだと 予想以上にはっきりと格差が見て取れ…

ミュータント蜂

遺伝子編集によって生まれた、赤い目の蜂が話題になっていた。 この蜂が持つ赤い目は、CRISPR-Cas9という技術を用いて、 目の色に関係している遺伝子をノックアウトすることで実現された。 この突然変異は、時代にも引き継がれるものであるようだ。 今回利用…

被災地での遠隔診療

5月18日から原発被災地でのオンライン診療が始まる。 また、政府は成長戦略として診療報酬の改定を盛り込み、 普及の後押しを計画しているようだ。

生命の起源

生命の起源について新たな発見があったようだ。 wired.jp マックス・プランク複雑系物理学研究所と 同分子細胞生物学・遺伝学研究所が発表した論文によれば、 液滴は細胞のように分裂する傾向を持つとのこと。 このことは、有機物の濃縮されたスープから 生…

スツール風な座席

Art

バーのスツールを意識した電車の座席を、 混雑緩和のために英国企業が開発したようだ。 wired.jp スツールに座るときのような姿勢で利用するため、 足を投げ出しにくくなり、空きスペースを確保しやすいようだ。 なかなかスタイリッシュに見えるので、 機能…

病は気から

「病は気から」のような言葉もあるが、健康を気にしすぎると 疾病リスクが上がってしまうことは事実のようだ。 time.com 健康に対する不安が大きい人ほど心疾患になりやすいという結果が、 ノルウェーのベルゲン大学の調査によって導き出されている。 これは…

イギリスでのジンの復権

今イギリスでジンの消費量が急増しているようだ。 一時は人気が低迷していたのに、何故復権したのか。 www.jiji.com 復権のカギは規制緩和にある。 規制緩和が業者の少量生産を可能としたことで、 個性豊かなジンが流通することとなり、 若者を中心に人気に…

南極と血の滝

南極には「血の滝」というものがある。 勿論流れているのは血液ではない。ただ赤いだけである。 しかし、何故このような真っ赤な色になっているのだろうか。 その答えは既に明らかになっている。原因は酸化鉄だ。 酸化鉄の成分によって赤く染まっているので…

オバマケアの今後

オバマケアの代替案について、下院が僅差で可決した。 保険料の引き上げや政府支出の増加を背景として、 この代替案は共和党から出されている。 オバマケアは医療保険未加入率を減少させ、 アメリカの医療問題にメスを入れた素晴らしい政策だと思うのだが、 …

ジャガイモの増産

つい最近ポテトチップスの品切れが相次いだが、 その原因は荒天によるジャガイモの不作だった。 荒天による生産量減少は如何ともしがたいことだが、 他にもジャガイモ農家が抱える問題はあるようだ。 その問題というのは、作付面積の減少である。 ジャガイモ…

適切な卵の割方

物理学的に適切な卵の割方が紹介されていた。 www.lifehacker.jp 卵で限界点が一番低いのは、真ん中あたりの平らな場所らしく、 そこに亀裂を入れると完璧に割れるということのようだ。 また、亀裂を入れた後の手順も重要になるらしい。 というのは、亀裂を…

紫電改の空中戦映像

市民団体「豊の国宇佐市塾」が紫電改の空戦映像を公表した。 この映像は米国立公文書館から入手されたもので、 公表されたのは戦後初という、貴重な映像資料だ。 5月13日に大分県宇佐市で開催される 「第13回宇佐航空隊平和ウォーク」で一般公開されるよう…

生体機能チップ

臓器の機能を再現する生体機能チップというものがあるらしい。 これを利用すると、人工臓器や実験動物を利用する場合よりも 適切なデータを効率的に収集できるとのこと。 wired.jp 下の画像は「Evatar」という生体機能チップで、子宮や肝臓などの ミニ臓器を…

金星の雲と重力波

金星といえば、個人的には安彦良和のヴィナス戦記を連想してしまう。 それは置いておくとして、下記の記事によれば、 金星の雲を知れば地表や大気の様子が分かるということのようだ。 wired.jp カギは、流体力学における重力波の概念にあるとのこと。 この重…

運転見合わせ

昨日の6時ごろ、北朝鮮によるミサイル発射の報道を受けて、 東京メトロは全路線の運航を10分程度見合わせた。 実際に運航を停止したのは、今回が初。 www.nikkei.com 利用客の安全確保を考えると当然の措置だと思うのだが、 この対応を叩いている残念な輩が…

外挿のアニメーション

この「Extrapolate」(2016)というアニメーションが話題になっていた。 オランダの映画監督、ヨハン・ライマ(Johan Rijpma)の作品である。 ちなみに、extrapolateは「外挿」という統計学用語で和訳され、 「既知のデータからデータ範囲外の数値を推測する」…

ラットの頭部移植実験

中国の研究チームが、ラットの頭部を別個体に 移植するという実験を行い、成功したとのことだ。 倫理的な問題に発展しそうな研究テーマではあるが、興味深い。 gigazine.net 頭部移植実験の歴史は古く、 ウラジミル・デミコフ(旧ソ連)の「双頭の犬」や ロ…

Biobag

人工子宮を用いた羊の胎児の育成が成功したらしい。 人工子宮とはいっても、受精卵段階から育てるものではなく、 早産の場合に未熟児を保護するための技術のようである。 公開されていた映像がイメージと少し違ったので、 こんなポリエステル袋のようなもの…

ラッパムシと再生医療

ラッパムシの再生能力を医療に利用するという記事。 wired.jp ラッパムシは、肉眼で見えるほど大きく、 身体構造も比較的複雑な、単細胞生物である。 中枢神経系を持たないのに学習するという驚くべき特徴も持っており、 身近でありながらも謎めいた生物でも…

20世紀最大の環境破壊

「20世紀最大の環境破壊」と呼ばれるアラル海の縮小。 これは、旧ソ連による農地政策によって引き起こされたものだ。 かつてアラル海は世界第4位の面積を誇る湖だったが、 20世紀後半に急激に縮小、周辺地域の砂漠化が進み、 大アラル海と小アラル海に分断さ…

宿泊施設の開業

京都市が、宿泊施設の開業に関して、規制を緩和した。 工業地域や住居専用地域などでの宿泊施設の建設を これまでは制限していたが、一定の条件さえ満たせば、 宿泊施設の開業が認められるようになったのだ。 このような特例が出されたのは、全国初。 インバ…

中途採用市場

2017年度の中途採用数は、11.8%。 5年ぶりに2ケタ台となるようだ。 サービス業以外でも、製造業などで活発に 採用が行われる見通しのようだ。

当日再配達受付

ヤマトの当日再配達の受付時間が、 明日から午後7時までに繰り上げられるようだ。 ちなみに、これはサービスセンターに電話する場合で、 インターネットや自動音声対応の場合は 更に早い6時40分までの受付となる。 帰宅後の時間帯に再配達の依頼が集中するか…

2番目にもっとも使われている言語

その国で2番目に使われている言語は何かを 表した地図が、下記のサイトで公開されていた。 www.movehub.com 日本は英語だと思っていたが、韓国語が挙がっていた。 学校で教えられている英語を差し置いて、 何故このような結果になっているのかは疑問だ。 他…

現金帯封

福岡空港での関税法違反事件と先日の現金強奪事件とで、 現金の帯封は大半が異なっていたとのことだ。 もしかしたら関連性があるのではとも 思っていたけれど、関係なかったのかな 両事件ともに色々とツッコミどころが 多いだけに、続報が気になるところだ。

業界最速の広告根拠

「フリーテル」を運営する格安スマホ会社が行政処分を受けたようだ。 広告で使用された「業界最速」の文言が、根拠なしとのことで、 景品表示法に引っかかってしまったということだ。 消費者庁によると、格安スマホ会社への 景品表示法違反の行政処分は、今…

人工肉を食べてみたいか

スタートアップ企業によって開発されている人工肉。 それを実際に食べてみたいかという アンケート調査の結果が、公表されていた。 wired.jp 思っていた以上に肯定的な意見が多くて驚いた。 また、人工肉であるなら犬や猫の肉も食べてみたいという意見が 多…

話せばわかるかどうか

人間同士が話すとき、お互いの発言を理解しあえるかは、 話し手と聞き手の脳活動の連動状況によって決まるようだ。 これは、米ドレクセル大とプリンストン大が、 近赤外線分光法を利用した実験で導き出したものである。 理解の度合いを計測できるようになっ…

地銀の統合

十八銀行とFFGとの経営統合についての記事。 www.nikkei.com 九州の地銀は統合が急速に進んでおり、市場の寡占化が懸念される。 問題解消のための措置も、課題が山積みであるので、 今後の動向は慎重に観察したいところだ。

クモの捕食量

世界中のクモの年間捕食量は、全人類の体重合計よりも重いという記事。 どれほど多いかがいまいちイメージしづらいが、 1日あたりの捕食量が体重の10%に相当すると言われたら、 クモがいかに大食いであるかが分かる。 理論上は人類を食べつくすことができる…

宇宙で蒸留酒はつくれるか

無重力下で酒を製造できるかという記事。 酒好きな人間にとってはなかなか重要なテーマである。 wired.jp 単位面積当たりの炭水化物量と栽培しやすさで考えると、 原料はコメが最適であるとのことなので、 米焼酎は無重力下での製造に向いているようだ。 発…

宇宙保険の見積もり

リスクの高いロケット産業で保険が必要なのは、当然のことだ。 wired.jp この記事で問題になっていたのは、損失額の見積もりについて。 そりゃ1988年の価値で算出したら、実態とかけ離れてしまうだろう。 記事内では多少楽観的に書かれているように感じたが、…

アリの運搬能力

どのようにアリは自分の体よりも大きいものを運んでいるのか。 この問題のカギは、集団の進行方向がどのように決定されるかだ。 記事では複数の仮説が挙げられていたが、一応の見解は、 「後から加わって来たアリが獲物を巣の方に引っ張るので、 それに合わ…

防衛省の軍事研究公募

やたらと否定的な意見が多い軍事研究公募。 金を出す側からの干渉を避けられないのは、 別に軍事に限ったことではないのではないか。 こんな形でしか予算がつかない研究だってあるだろうし、 将来的に恩恵をもたらす可能性のある技術を、 印象論だけで潰すの…

中国ビールの再編

中国ビールメーカーが、業績低迷を受けて、 大規模な再編に動き出しつつあるようだ。 華潤と青島の2TOPを軸にM&Aが行われるとのことだが、 海外ビール市場の今後の動向には注目だ。