サムの備忘録

趣味ネタ、時々社会的なテーマ。IT関連のテーマはもう1つのブログに投稿してます。

Science

ファインマンのクイズと動物

数学パズル「ファインマンのクイズ」を、直感的に解くことのできる動物が存在するようだ。なお、どのようにして問題を解いているのかまでは解明されていない。 gigazine.netここで扱う問題は「要救助者に一刻も早くたどり着くために、ライフガードが採るべき…

Dragonの2度目の帰還成功

SpaceXのDragonが、約1か月間ドッキングしていた国際宇宙ステーションから帰還した。今回の帰還により、Dragonは2度目の往復飛行に成功したことになる。 jp.techcrunch.comこのDragonは12月15日に打ち上げられ、科学実験器具などの補給物資2.2トンをISSに運…

麻酔は植物にも有効と判明

麻酔が植物にも有効であることが明らかになった。麻酔薬の研究で、動物の代わりに植物を検体に用いることによって、動物実験を減らせる可能性がある。 gigazine.net今回、ドイツ・ボン大学の研究チームが、動物と同じく植物も麻酔に反応することを実験で明ら…

最大の素数が2年ぶりに更新

GIMPSが、既知の素数で最大となる「50番目のメルセンヌ素数」を見つけた。新たな素数は「2 77,232,917-1」で、「M77232917」と呼ばれている。なお、メルセンヌ素数とは、「2のべき乗より1小さい自然数」であるメルセンヌ数の中で、素数のものを指す。 gigazi…

73種の放射性同位元素が発見

理研は、重イオン加速器施設「RIビームファクトリー(RIBF)」を用いて、 マンガンからエルビウム(原子番号25〜68)までにおいて、73種の新しい 放射性同位元素(RI)を発見したと発表。 news.mynavi.jp重元素は、中性子星合体のような高温高密度の環境下で、原子…

8個の惑星をもつ恒星が発見

GoogleのAIにより、これまで見落とされていた惑星が2つ発見された。 natgeo.nikkeibp.co.jp新たに発見された惑星「ケプラー90i」は、ケプラー宇宙望遠鏡が収集 した大量のデータの中に隠れていた。この惑星は、「ケプラー90」と いう主星の周りを、ほかの7つ…

国防総省によるUFO極秘研究

米国防総省が極秘のUFO研究プロジェクトを立ち上げ、兵士らが 遭遇した未確認現象について調査していたことが明らかになった。 www.cnn.co.jp UFO研究プロジェクトは、ハリー・リード元上院議員の要請で 2007年に始動されたものであり、これまでは機密扱いだ…

恐竜に寄生した吸血ダニ発見

羽毛恐竜から血を吸ったダニが内部に残された、9900万年ほど前の 琥珀がミャンマーで見つかった。今回の発見は、動物がノミやシラミ のような生物に太古の昔から寄生されてきたことを示す、最も古い 直接的証拠となる。 www.asahi.com発見されたダニには新種…

東京23区内で初の公道テスト

ソフトバンクグループのSBドライブ株式会社が、自動運転シャトルバス 「NAVYA ARMA」のテスト走行を東京23区内の公道で行うようだ。 www.gizmodo.jpNAVYA ARMAは、座席数11で乗車定員15名のミニ・シャトルだ。 動力は15kwのモーターが1基で最高速度は時速45k…

ペロブスカイト太陽電池

東大生産技術研究所の立間徹教授とキム・ギュミン大学院生により、 半透明ながらも約10%のエネルギー変換効率を示す、ペロブスカイト 太陽電池が開発された。窓ガラスなどへの応用が期待される。 news.mynavi.jp従来の半透明ペロブスカイト太陽電池は、不透…

低価格で超強力な人工筋肉

MITのコンピュータ化学・人工知能研究所は、ハーバード大学の ワイス研究所と協力し、超強力で低価格な人工筋肉を開発した。 この技術を用いると、自身の1000倍の重量を持ち上げられる ソフトロボットを作ることも可能だ。 jp.techcrunch.comこのソフトロボ…

時速1,600kmの超音速車

時速1,600km以上で走るクルマの開発を目標とした試みが 続けられている。現時点では、時速338kmに達している。 wired.jpこの挑戦で用いられているブラッドハウンドSSCは、時速1,222kmを 上回るように設計されている。この速度は、現在の自動車の速度記録 と…

外部刺激により変色する分子

東大は、機械的刺激により吸収色が大きく変わる物質の合成に成功した と発表した。デバイスのタッチパネルなどへの応用が期待される。 news.mynavi.jp機械的刺激により発光色を変える物質はこれまでにも多く存在したが、 吸収色(見た目の色)を変える物質は今…

地球型惑星Ross 128 bの発見

太陽系から11光年離れた場所で、Ross 128 bは発見された。 この惑星は、表面温度が-60~20℃の範囲とされ、水が液体で 存在する可能性が高い。また、 生命が存在する可能性もある。 japanese.engadget.com約4.3光年離れた位置にあるプロキシマbは、地球に近い…

絶滅を左右する隕石落下地点

恐竜の大量絶滅は、小惑星の衝突で撒き散らされた煤などによって、 寒冷化が進んだことが原因だと考えられている。また、小惑星が 落下したユカタン半島は、最悪の事態を引き起こす落下地点であった とも考えられている。 natgeo.nikkeibp.co.jp 東北大の研…

スーパーキャパシターの採用

ランボルギーニとMITは、バッテリー不要の電気スーパーカー 「テルツォ・ミッレニオ」のコンセプト車を披露した。 www.cnn.co.jp テルツォ・ミッレニオは、カーボンナノチューブ製の車体をスーパー キャパシターとして利用している。カーボン製のスーパーキ…

二酸化炭素を石に変える

二酸化炭素の分離技術を手がけるクライムワークスと、二酸化炭素を 鉱物化する設備を持つレイキャヴィク・エナジーが、共同で二酸化炭素 回収プログラム「CarbFix」を開始した。このプログラムでは、大量の 二酸化炭素を地下に送り込み、「石」に変えること…

弾道ミサイルと光の球体

10月26日夜、ロシアの上空で「光の球体」が目撃された。これは 大陸間弾道ミサイルの発射実験によって発生したものであるようだ。 natgeo.nikkeibp.co.jp タス通信に対して、大陸間弾道ミサイル「トーポリ」を、プレセツク からカムチャツカ半島に向けて1発…

中性子星合体の重力波

中性子星の衝突で引き起こされる「キロノバ」という 爆発によって発生した「重力波」が、初めて観測された。 natgeo.nikkeibp.co.jp今回の重力波は、8月17日早朝にLIGOによって記録されたもので、 中性子星の衝突によって生じるショート・ガンマ線バーストも…

標本に触れる博物館

埼玉県・三郷のピアラシティ交流センターで「Think Square」が テストオープンとなる。開催日時は11月19日10:00~20:00。 news.mynavi.jp 今回は、今夏の吉祥寺でのテストオープン時の「大人の知的な寄り道」 というコンセプトに加え、子供向け教育サービス…

世界初の分子ロボット完成

マンチェスター大学の研究チームが世界初の分子ロボットを開発。 150の炭素・水素・酸素・窒素の原子で形成されたロボットアームを 駆使し、分子を組み立てることができる。 wired.jp このような微小なサイズのロボットのことを「分子ロボット」と呼ぶ。 な…

エピジェネティクスの解明

遺伝子は環境や生活習慣によって変化することが近年の研究で わかっており、「エピジェネティクス」として知られている。 そのメカニズムを、ドイツのマックスプランク免疫生物学 エピジェネティクス研究所の研究グループが解明した。 wired.jp 生物学におい…

カッシーニの捉えた衛星

探査機「カッシーニ」が撮影した、土星の衛星「エンケラドス」の 写真が公開されている。これは、探査機に搭載された狭角カメラで 赤外線・緑色・紫外光フィルターを使って撮影されたデータを 合成処理したものである。 wired.jp 直径504kmのエンケラドスの…

質量をもたないワイル粒子

東京大学と理化学研究所は、質量ゼロの「ワイル粒子」を 反強磁性体マンガン化合物(Mn3Sn)の内部で実験的に発見した。 また、強磁性体や反強磁性体とは異なる「ワイル磁性体」を 見出したと発表した。 news.mynavi.jp ワイル粒子は1929年に独物理学者ヘルマ…

非常に強力な木星のオーロラ

木星に発生しているオーロラは、地球上のものの100倍も強力であり、 地球上の物理法則を覆すような特徴を有している。 wired.jp NASAの探査機「ジュノー」は木星軌道から地球にデータを 送信している。そのジュノーには「JEDI」(ジェダイ)と呼ばれる 木星エ…

慣性の法則、壊れる

広島大学の研究によって、ニュートンの第1法則量子力学が破られる 可能性が、量子力学においては存在することが明らかになった。 news.mynavi.jp 今回、自由空間中の粒子の動きを測定し、位置分布を分析したところ、 粒子の8%が直線に沿って動いていなかっ…

空気より軽いエアロアイス

岡山大学は、通常の氷よりも密度が低い氷の結晶構造について、 分子シミュレーションを実施した。その結果、安定な結晶構造が 存在することや、「エアロアイス」の密度には下限がなく、 空気よりも軽い氷も作りうることを発見したとのこと。 news.mynavi.jp …

熱力学第二法則の導出

東京大学は、量子力学から理論的に熱力学第二法則を導出することに 成功した。19世紀以来の難問が解明されたことになる。 news.mynavi.jp 熱力学第二法則はマクロな世界の基本法則であるが、 ミクロにおける基本法則は時間反転に関して対称的である。 そのた…

自己修復可能なマシン

ブリュッセル自由大学の研究チームは、特殊なポリマーを用いて 自己回復能力のあるロボットを開発したことを、明らかにした。 wired.jp このロボットは、傷ついた場合、熱に当てられてから冷まされると、 自身の傷を自己修復するとのことだ。これを実現する…

メンテナンスいらずの水槽

米カリフォルニア州オークランドのスタートアップ企業 「Back to the Roots」が開発したコンパクトな自浄式水槽を 利用すると、メンテナンスの手間から解放されるようだ。 wired.jp この水槽は上部に水耕栽培用のプランターを組み合わせた構造であり、 プラ…