読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サムの備忘録

趣味ネタ、時々社会的なテーマ。IT関連のテーマはもう1つのブログに投稿してます。

生命の起源

生命の起源について新たな発見があったようだ。

wired.jp

マックス・プランク複雑系物理学研究所と

同分子細胞生物学・遺伝学研究所が発表した論文によれば、

液滴は細胞のように分裂する傾向を持つとのこと。

 

このことは、有機物の濃縮されたスープから

生命が自然発生する可能性を肯定する根拠となる。

 

今回の発見について、

カリフォルニア大のデヴィッド・ディーマー氏は、

慎重な態度を崩していないようだ。

 

「膜なくして進化なし」説を長らく擁護する彼は、

「現在の細胞分裂の複雑な過程とはかけ離れている」という旨の

発言をしており、生命の起源との関連性は不明としている。

 

しかし、この意見に対して他の研究者たちからは、

徐々に複雑化が進んだことによって、原子細胞が

膜を獲得した可能性も考えられるとの反論も出ている。

 

どれほど液滴の分裂メカニズムが生命の発生に関連しているかは、

今後の研究によって明らかになるのではないだろうか。