読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サムの備忘録

趣味ネタ、時々社会的なテーマ。IT関連のテーマはもう1つのブログに投稿してます。

バナナラッシュの代償

中国資本によってラオスでのバナナ生産が活発になっている。

このブームによって現地の方々は経済的に潤っているようだが、

同時にもたらされた弊害について下記の記事で紹介されていた。

 

jp.reuters.com

記事内で扱われていた問題は主に農薬による環境汚染である。

具体的に言うと、パラコートなどの除草剤や防黴剤による

生活用水の汚染と健康被害が挙がっていた。

 

教育水準の低さによって農薬の使用方法が十分に

理解されていないという現状についても触れられており、

これが被害を拡大する要因となっているようにも感じる。

 

農薬による健康リスクに晒されながらも

バナナの生産に依存せざるを得ないほど、

ラオスが貧しい状況に置かれているというのは、

非常に悲しいことだ。

 

また、これを「途上国が歩かねばならぬ道」とする

中国人資本家の安易な発言に対して、憤りを感じる。

 

この記事では大きくは取り上げられていなかったことだが、

ブームが去った後に起こる問題も気がかりだ。

 

かつて日本ではナタデココがブームとなった時代があり、

フィリピンでナタデココの生産ブームが起こったが、

ブームが去った途端に多くの農家は破綻に陥っている。

 

似たような事態にラオスが陥る可能性も考えられるのではないか。

既にバナナの価格は低下しており、他国への移転などの動きも

あるようなので、近いうちに破綻することもあり得る。

 

「発展にともなう痛み」だの「現地人は無計画」だの

上から目線で語るのではなく、投資者は誠実な態度で

途上国と向き合うべきではないのかと思う。