サムの備忘録

趣味ネタ、時々社会的なテーマ。IT関連のテーマはもう1つのブログに投稿してます。

犬の社交性と遺伝子疾患

同じような環境で育てられた場合であっても、イヌはオオカミよりも

社交的であるとされている。これは、イヌとオオカミの遺伝的基盤に

違いが存在するからである。

natgeo.nikkeibp.co.jp

今回の研究で、極端に社交的なイヌは「GTF2I」と「GTF2IRD1」

という2つの遺伝子に変異があることが明らかとなった。ヒトの場合、

これらの変異は「ウィリアムズ症候群」と関連づけられている。

 

ここで挙がったウィリアムズ症候群とは、7q11.23領域の複数の遺伝子の

欠失(ヘテロ接合)により発症する隣接遺伝子症候群のことである。

発症者は、妖精様顔貌・精神発達の遅れ・心血管病変・乳児期の

高カルシウム血症などを有する。また、社交的で多弁な性格であると

いわれている。

 

2010年にイヌとオオカミのゲノムを調査したときには、家畜化の過程で

「WBSCR17」という遺伝子に変異が生じたということが発見されたが、

これもウィリアムズ症候群の関連遺伝子だった。

 

このことは、イヌに行動症候群をもたせることで、

人間が愛玩動物を作り出してきたという可能性を示している。

 

このような変異は現在も続いているようで、WBSCR17の近くの

「GTF2I」と「GTF2IRD1」という遺伝子にも変異があることが、

遺伝子解析により明らかになった。

文化庁の京都移転

文化庁京都府警本部本館への全面移転は2021年度頃の見通しで、

移転について山田啓二府知事は「ただ喜んでいるだけでは終わらない」

と語り、政府側と移転費用の負担について協議する考えを示した。

www.nikkei.com

政府と地元自治体の負担額は今後の協議に委ねられることになる。

誘致を進めてきた京都府京都市は移転関連費用の「応分の負担」を

約束している。府警本部の土地と建物を貸与し、東京から異動する職員の

住宅確保に協力することを検討しており、こうしたことを踏まえ、

負担のあり方を詰めることになる。

 

省庁の全面移転が決まっているのは文化庁のみであり、

そのほかには、総務省統計局の「南海和歌山市駅ビル」への一部移転と、

消費者庁の「消費者行政新未来創造オフィス」(徳島県庁10階)への

一部移転が予定されているに留まる。

エドモントサウルスの化石

長崎市の「三ツ瀬層」から、鳥脚類の歯の化石35点が発見された。

エドモントサウルスなどの「ハドロサウルス上科」のものとみられる。

www.asahi.com

化石が発見された三ツ瀬層は、白亜紀後期の地層であり、

鳥脚類のハドロサウルス科の恐竜がアジアから北米にかけて繁栄した

時代のものだ。詳細な場所については以下を参照。

f:id:samsoda:20170721081753p:plain

 

今回発見されたのは自然に抜けた歯ばかりであったので、

発掘現場は恐竜が生活をしていた場所に近いと推察される。

f:id:samsoda:20170721082915j:plain

歯の側面には「稜」と呼ばれる出っ張りがあることなどから、

ハドロサウルス上科の化石と考えられるが、

歯だけでさらに詳しい種類を特定するのは難しいという。

 

今回の化石35点は、長崎市軍艦島資料館で現在公開されており、

25日~9月18日に長崎市科学館で公開される予定。

また、福井県立恐竜博物館でも10月15日まで複製が展示されている。

 

FPDM: 調査研究 - 長崎市の鳥脚類恐竜(ハドロサウルス上科)の歯の化石について

無痛分娩の6割が診療所

2016年度に行われた無痛分娩は約21,000件だが、その6割近くが

診療所での出産であると、日本産婦人科医会による調査でわかった。

 

無痛分娩が普及する欧米では、産科医・麻酔科医・新生児科医が

そろった大病院で行うのが主流だが、日本国内の場合、

小規模な医療機関ほどより多く実施されているのが実態だ。

 

yomidr.yomiuri.co.jp

無痛分娩は、局所麻酔薬で下半身の痛みを和らげ、出産時の疲労や

ストレスを軽減する方法で、高齢妊婦の多い都市部を中心に近年

人気が高まっている。無痛分娩を行う際は、背中から麻酔薬を注入する

硬膜外麻酔という手法が選択される場合が多い。

 

最近、大阪・兵庫・京都の4医療機関で計6件の事故が相次ぎ発覚しており、

この6件のうち5件が診療所での事例だった。

 

無痛分娩の割合は年々増加しており、16年度は約40万6000件の

出産のうち無痛分娩は5.2%で、08年の推計値に比べ倍増している。

また、診療所での出産数の5.6%、病院での出産数の4.7%と、

病院よりも診療所の方が無痛分娩の割合が高い。

 

今回の調査結果は、近く発足する厚生労働省研究班で分析し、

安全対策に活かされるとのことだ。

また二重国籍で議員辞職

緑の党の副党首ラリッサ・ウオーターズ上院議員は、

カナダとの二重国籍が判明したため、議員辞職した。

www.jiji.com

オーストラリアでは、緑の党のもう一人の副党首である

スコット・ラドラム上院議員が、ニュージーランドとの

二重国籍を理由に議員辞職したばかりだ。


オーストラリアは国民の6人に1人が二重国籍者であると

言われているが、議員の二重国籍憲法で禁じられている。

 

辞職者がこれ以上辞職者を出さないための対策として、緑の党は、

候補者の国籍保有状況を事前に確認する仕組みを導入する考えだ。


日本においては、蓮舫議員が台湾との二重国籍により、

「虚偽事項の公表」での公選法違反の疑いがかかっていた。

 

本日公開された目黒区役所発行の戸籍謄本の一部には、

日本国籍の選択宣言日が「平成28年10月7日」と明記されていたため、

一応は二重国籍問題の区切りはついたようだ。

f:id:samsoda:20170718200730j:plain

しかし、今まで公人としての説明責任を果たしてこなかったばかりか、

開示を求める人々に対して「差別主義者」や「排外主義者」などの

レッテル貼りを行っているため、今さら公表したところで取り返しが

つかないほど、議員としての信用を大きく落としているのではないか。

観測史上最小のミニ恒星

ケンブリッジ大などの研究チームが、観測史上最小となる恒星を

発見した。直径は太陽の10分の1以下で、土星とほぼ同じ大きさだ。

www.asahi.com

この天体は、南半球のレチクル座(赤経・3h50m / 赤緯・-63°)の方角に、

地球から約600光年離れた距離に位置している。

また、2つの恒星で構成される連星だ(この天体は小さい方の恒星)。

 

天体が発する光を直接検出することはできなかったようだが、

大きい方の恒星の前を光が横切るときの変化などを分析すると、

質量は土星の約280倍と推測される。質量がこれより小さいと、

暗い褐色矮星になることが知られている。

 

上記の質量は太陽の約8%にあたるが、質量が太陽の2割以下の

小さな天体は観測が難しく、わかっていないことが多いという。

電子申告・納税の本人認証

2019年頃を目標に、国税庁は電子申告および納税を

行いやすくするとのこと。税務署で一度だけ本人確認すれば、

IDとパスワードで認証できるようにする予定だ。

 

現在、e-taxで電子申告を行うには、マイナンバーカードや

住民基本台帳カードなどの電子証明書のほかに、読込のための

ICカードリーダーが必要であり、普及の妨げになっていた。

 

新方式では電子証明書を省略するが、なりすまし防止のために、

初回は税務署で職員が対面で本人確認を行う。

 

対象となるのは18年の申告分からで、翌年度以降も

同じIDとパスワードを使いe-tax上で申告できる。

 

スマートフォンへのカードの読取機能の導入が進む可能性も

考慮して、3年程度の暫定措置として実施する。

その後は、マイナンバーカードの普及状況などを

ふまえて、制度を継続するかどうかを決めるとのこと。