サムの備忘録

趣味ネタ、時々社会的なテーマ。IT関連のテーマはもう1つのブログに投稿してます。

家畜への抗生物質の濫用

毎年、世界で推定6億人が大腸菌サルモネラ菌などによる

食中毒に感染している。食中毒のほとんどは耐性菌が原因であり、

その多くは鶏肉によってもたらされていると警告されている。

natgeo.nikkeibp.co.jp

地球上で最も抗生物質が使われているのは家畜に対してであり、

米国では年間1万5400トン以上の抗生物質が家畜へ使用されている。

この量は、人間に対する医療行為で使われる量の4倍に値する。

 

抗生物質は成長促進のために使われ、飼料などに大量に混ぜられている。

その結果、動物の体内で耐性菌が生まれているのである。

 

家畜への抗生物質の使用は、1948年頃からトーマス・ジュークス

という人物の実験がきっかけで開始され、またたくまに世界中に広まった。

 

その後、耐性菌による集団感染が問題となったことによって、70年代に

欧州を中心に抗生物質の使用規制が進んだものの、アメリカでは激しい

抵抗があったため、オバマ政権まで問題は棚上げにされた。

 

ようやく2014年に、ジム・パデュー氏が抗生物質の使用中止を宣言した

ことをきっかけに、アメリカ国内の食品製造・小売・ファストフード企業が

次々に抗生物質の使用を減らしていくと発表したが、鶏肉の細菌汚染は

いまだに高い確率で発生している。そのため、アメリカで耐性菌の問題が

解決されるかは、今後の取り組み次第といえるであろう。

 

以前から抗生物質の使用を規制してきた国では耐性菌の発生率が

下がっているため、抗生物質の使用が減れば、米国でも感染リスクが

減少することは期待できる。

 

NHKラジオが配信開始

2017年10月2日の正午を目途に、radikoNHKラジオの配信を

実験的に開始する。PCやスマホNHKラジオを聴取する場合、

これまでは「らじる★らじる」というアプリを利用する必要があった。

jbpress.ismedia.jp

今回の試みは「NHK・民放連協同ラジオキャンペーン」の一環で

行われるもので、配信期間は2017年10月2日から2018年3月30日まで。

 

配信エリアは関東広域 / 福岡県域 / 宮城県域 / 広島県域 / 愛媛県域の

5エリアで、NHKラジオ第2は全エリア同一コンテンツが配信されるが、

NHKラジオ第1NHK FMはエリア別のコンテンツが配信される。

また、「タイムフリー機能」や「エリアフリー聴取」には対応しない。

なぜゾウムシは硬いのか

ゾウムシなどの甲虫類は外骨格クチクラが発達しており、

乾燥や外敵から身を守るために重要な役割を果たしている。

この外骨格の硬さは、ナルドネラという共生細菌によるもので

あると、産総研などで構成される研究チームによって解明された。

news.mynavi.jp

今回の研究によって、ナルドネラはチロシン合成を介して、

宿主昆虫であるクロカタゾウムシの外骨格の着色と硬化に

関与していることや、チロシン合成の最終段階が宿主側の

遺伝子によって制御されていることが実証された。

 

4種のゾウムシに共生するナルドネラは、ゲノムサイズが約20万塩基対

と極めて小さく、生存に必須な複製/転写/翻訳に関わる最小限の遺伝子

以外のほぼ全ての代謝系の遺伝子が失われていた。しかし、チロシン

合成系遺伝子群のみは保存されており、このことから、ナルドネラは

チロシン合成に特化した機能をもつことが判明した。

f:id:samsoda:20170921195409j:plain

また、クロカタゾウムシの幼虫を高温や抗生物質で処理して、

感染密度を抑制したところ、体液中のチロシン濃度が減少し、

羽化した成虫の外骨格が赤っぽく柔らかくなった。この結果は、

ナルドネラを介したチロシン合成が、宿主ゾウムシの外骨格の

着色や硬化に重要な役割を果たすことを示している。

 

さらに、幼虫の共生器官で発現している宿主側の遺伝子をRNA-Seq法で

調べたところ、チロシン合成の最終段階を担うアミノ基転移酵素遺伝子が

発現しており、他の組織と比べて共生器官での発現量が有意に高かった。

RNA干渉法で幼虫時にアミノ基転移酵素遺伝子の発現を抑制したところ、

体液中のチロシン濃度が低下し、赤っぽく柔らかい成虫が羽化した。

 

このことは、ナルドネラによるチロシン合成の最終段階は、宿主である

ゾウムシの酵素遺伝子によって担われ、チロシン合成の制御が行われている

ことを示唆している。

 

f:id:samsoda:20170921195437j:plain

 

 

したがって、以下のことがいえる。

 

1.チロシン合成に特化した極小ゲノムを持つ

2.宿主の外骨格クチクラの形成に必須である

3.チロシン合成系の最終段階を触媒する酵素遺伝子をもたない

4.チロシン合成は宿主側のアミノ基転移酵素が制御している

5.ゾウムシ類の共生器官はチロシン供給器官として機能している

 

今後、研究グループは、他の昆虫類についても同様の共生関係が

成立している可能性を検討するという。今回の研究成果は、

クチクラ形成を標的とした新たな害虫防除技術の開発につながる

可能性がある。

九州でエイズ感染急増

エイズの感染者数は全国的には減少か横ばい傾向にあるが、

福岡県を中心に九州ではHIV感染者が急増している。

www.nishinippon.co.jp

国のエイズ発生動向調査によると、2016年の福岡県での感染者

および患者の新規報告者数は過去最多。昨年比で61%増えており、

40~50歳以上の感染が特に増加している。

 

f:id:samsoda:20170919195327j:plain

 

また、佐賀と熊本も過去最多となっており、地域別では九州は32%増。

ちなみに、関東・甲信越は4%増、近畿は11%減である。

 

2015年の新規報告者数について、全国の感染者・患者の内訳は

日本人男性が約9割であり、約6割は同性間性的接触が原因だった。

 

福岡県も全国の傾向と同様だが、全国データでは患者比率が3割程度

であるのに対して、福岡県の患者比率はほぼ半数で、発症してから

報告されるケースが際立っている。そのため、実際の感染者は

報告よりもかなり多いと指摘されている。

光による神経細胞への分化

東京大学佐藤守俊教授らの研究グループは、

iPS細胞を光刺激で神経細胞に分化させる手法を開発した。

www.nikkei.com

www.optronics-media.com

研究グループは、光に反応するたんぱく質などをiPS細胞に

送り込み、神経細胞への分化を促すことに成功した。

なお、この研究にはCRISPR–Cas9が用いられている。

 

実験では、iPS細胞に光を当てると特定の遺伝子(NEUROD1遺伝子)が

活性化され、iPS細胞が神経細胞に変化した。これまでも薬剤投与で

iPS細胞を神経細胞に変える方法はあったが、今回の方法は効率が高く、

iPS細胞の変化を自由に制御できる。

 

光刺激で遺伝子を操作する手法は「光遺伝学」として注目されている。

慣性の法則、壊れる

広島大学の研究によって、ニュートンの第1法則量子力学が破られる

可能性が、量子力学においては存在することが明らかになった。

news.mynavi.jp

今回、自由空間中の粒子の動きを測定し、位置分布を分析したところ、

粒子の8%が直線に沿って動いていなかったとのことである。

 

ニュートンの第1法則では、自由空間中の粒子は常に直線に沿って

動くはずだ。しかし、この結果は、量子力学においてはこの法則は

破られる場合があることを示しているのだ。

カードローン審査が厳格化

カードローンなどの融資審査を厳格化する動きが、銀行業界で

広がっている。この動きの主な目的は、暴力団対策である。

www.jiji.com

警察庁のデータベース上にある暴力団情報と照合を行うシステムを、

全国銀行協会は来年1月にも稼働させる。

 

預金保険機構を経由して情報を照会するので、翌営業日以降でなければ

照会結果が分からず、即日融資が事実上困難になる。そのため、融資を

早く受けたい人は、審査が緩い消費者金融などに頼らざるを得なくなる。

 

銀行カードローンの融資残高は急増しているが、返済余力のない人への

過剰融資問題も指摘されている。全銀協は貸付制限などの対策も講じる

方針で、審査厳格化によって利用拡大に歯止めがかかる可能性もある。